宗派によって異なる

基本的に香典返しを渡すタイミングは、宗派によって異なってきます。大まかに、仏式と神式の違いを調べておくようにしましょう。そうすることで、大きな失敗を防ぐことができるのです。

宗派による違い

仏式の場合

基本的に仏式の場合、新式と違い身近な人や親しい人を招いて香典返しを配ります。また、準備期間としては初七日から七七日の忌明け法要の間です。

神式の場合

仏式と違い、神式の場合は三十日祭か五十日祭を済ませた後に香典返しを配ります。基本的に準備期間は十日祭から五十日祭までの間です。

事前に勉強する

葬儀に関する知識を持っている人は、それほど多くはないでしょう。そして、急な葬儀に備えるためにも、事前に基礎知識を身に付けておくことが大切なのです。さっそく、葬儀に関する知識を学んでいきましょう。

失敗を防ぐためにも香典返しなどの知識が必要

男性

マナーを守る

香典返しには様々なマナーが存在しています。マナーを守らなければ、失礼に当たるでしょう。例えば、宗派によってもマナーは変わってくるでしょう。基本的なマナーを理解していれば、恥をかくこともなくなります。失礼のないように、マナーはしっかり覚えておきましょう。

葬儀の進め方

高津区では、葬儀の進め方について悩んでいる人も多いと言われています。基本的に進め方が分からないと、スムーズに葬儀を行うことができなくなるでしょう。まずは、臨終直後から葬儀を終えるまでの流れについて調べておくのが大切です。ある程度の流れを確認しておきましょう。

葬儀の形式

基本的に葬儀には様々な形式があります。門真では家族葬を選ぶこともあるでしょう。形式には大きく3つの種類があるので、適したものを選びます。葬儀の目的などをはっきりとさせておけば、問題なくベストな形式を選ぶことができます。専門業者と相談しながら決めましょう。

業者の利用

一般的に葬儀に関して豊富な知識を身につけている人は少ないと言われています。その為、基本的に専門業者と相談するのが大切なのです。そうすることで、不安なく葬儀を行えるようになります。

広告募集中